【ツイッター】 見たくない情報を制御、快適に使う方法

この記事は約3分で読めます。

ツイッターのロゴ

こんにちは、さち です。

ツイッターを使っていると、まったく興味がない情報が「タイムライン」や「おすすめ」に自動で表示されて、テンションが下がることがありませんか?

趣味の情報の収集・交換のためにツイッターを使っているのだから、楽しく使いたいですよね。

そこで今回は、必要ない情報(ツイート・おすすめ)、もっと言えば不快な情報がなるべく目に入らないように消すことで自衛する方法について書いていきます。

この記事で登場する「トピック」「興味関心」「トレンド」は、特定のモノを指さない情報を例としただけであり他意はありません

スポンサーリンク

手軽に設定する

自動挿入される話題を、その都度設定していきましょう。目に入ったものを一つずつ非表示にしていくので、分かりやすくて手軽な方法です。

「タイムライン」での操作

  1. タイムラインに自動挿入される「トピック」の表示です。「さらに表示」をタップします。
    タイムライン画面
  2. 興味なし」をタップ。
    トピックの画面
  3. これで「哲学」に関する情報は、ツイッター上で表示されにくくなります。
    トピックの画面

「おすすめ」「トレンド」での操作

  1. 画面下部にある「検索(ルーペ)」アイコンをタップ。
    メニューの表示
  2. 「おすすめ」または「トレンド」で興味がない項目の右端にある「」アイコンをタップ。
    おすすめ画面
  3. 興味がない」をタップ。
    おすすめ画面
  4. この項目が表示されなくなります。
    おすすめ画面

ただし、この手順を行った直後にページの再読み込みをしても、「興味がない」にした項目の表示が消えない場合がちょくちょくあります。仕様なのか、不具合なのか、よく分かりません。

もっと細かく設定する

ツイッターで自動解析されている「トピック」「興味関心」を手動で設定することで、「おすすめ」に自分の好みではない話題が表示されにくくなります。

一時的な興味で一度だけ検索した、誤ってタップした話題でも、興味があると判定されていることがあります。趣味に合わない話題が表示される場合は、こちらを確認してみましょう。

  1. ツイッター公式アプリで、タイムラインの画面左上にある「アカウント」アイコンをタップ。(「PC」は、画面左側にある「もっと見る」)
    タイムライン画面
  2. 設定とプライバシー」をタップ。
    メニュー画面
  3. プライバシーと安全」をタップ。
    設定画面
  4. 表示するコンテンツ」をタップ。
    設定画面

ここまでの操作は共通です。以後の操作は、下記の各項目で解説します。

「トピック」を設定する

  1. トピック」をタップします。
    設定画面
  2. 誤ってフォローしている「トピック」があれば、右側にあるボタンの「フォロー中」→「◯◯さんをフォロー解除の順にタップして解除します。
    設定画面
  3. さらに、少し下にスクロールするとある「おすすめトピック」で、表示して欲しくない(興味がない)トピックがあれば、その右端にある「」ボタンをタップします。
    設定画面
  4. これで、今後はこのトピックがおすすめなどで表示されにくくなります。他にも表示して欲しくないトピックがある場合は、同様の操作を繰り返します。
    設定画面

「興味関心」を設定する

  1. 興味関心」をタップします。
    設定画面
  2. 興味・関心がない話題(項目)のチェックを外します。項目の数が多いうえに、英語表記のものもあるので、時間があるときに設定をした方が良いかもしれません。
    設定画面

コメント

タイトルとURLをコピーしました