【USB】 バージョンが複雑すぎ! 速度がよく分からないからまとめてみた

この記事は約7分で読めます。

USB の充電(給電)規格、多すぎ!! 分からんからまとめてみた

こんにちは、さち です。

最近、PC などと機器を接続する「USB」の通信速度が速くなっています。

しかし、USB 界隈は非常にややこしく分かりにくい状態になっています。

最新規格の USB の「通信速度」ってどれくらいなの? Type-C ケーブルは新しい USB の規格にしか使えない? USBの「3.0」と「3.2 Gen1」は同じ規格を指している?

今回は、その辺の USB 事情についてまとめてみます。

スポンサーリンク

USB の規格一覧

まず最初に、USB の「バージョン」「通信速度」「対応コネクタ」などを一覧表にまとめました。

バージョン
(旧表記)
ロゴ名
(新表記)
通信速度対応コネクタ
ABMini-BMicro-BC
2.0(Hi-Speed)480Mbps○○○○○
3.0USB 5Gbps5Gbps○○×○○
3.1USB 10Gbps10Gbps○○×○○
3.2USB 20Gbps20Gbps××××○
4 Version 1.0USB 40Gbps40Gbps××××○
4 Version 2.0(USB 80Gbps)80Gbps××××○

新しい規格になるほど「通信速度」がアップしていて、最新のものだと 80Gbps になっています。

詳細は、このあと解説していきます。

「Type-C=高速通信」ではない

最近の USB はコネクタが「Type-C」のものが増えているので、通信が速い新しい規格の USB は「Type-C」を使っている認識だと思います。これは正解です。

しかし、その逆の発想で、コネクタが「Type-C」なら高速な USB だと思うのは間違いです。

前述の表のとおり、USB「2.0」の「Type-C」もあり得るからです。

「Type-C」を過信してはいけません。

規格表記は「バージョン」でなく「通信速度」に

これまで、USB の規格を表記するには、「2.0」「3.0」のようなバージョンを使っていました。

しかし、USB「3.1」以降で「Gen1」「Gen2」といった世代表記(下記表)を加えたため、訳がわからない状態になってしまいました。(使われなくなる表記なので覚えなくていい)

5Gbps
(3.0と同じ速度)
10Gbps
(3.1と同じ速度)
20Gbps
(3.2と同じ速度)
40Gbps
(4と同じ速度)
USB 3.03.0---
USB 3.13.1 Gen13.1 Gen2--
USB 3.23.2 Gen13.2 Gen2x13.2 Gen2x2-
USB4-4 Gen2x14 Gen2x2
4 Gen3x1
4 Gen3x2

例えば、USB「3.2 Gen1」は「3.0」と同じ速度です。このような表記はちゃんと勉強した人でないと理解できず、多くのユーザーを混乱させていました。

そこで、今後は「バージョン」での表記をやめて、「通信速度」による表記(下記表の「ロゴ名」)をするように変更されました。

リリース旧表記
(バージョン)
新表記
(ロゴ名)
通信速度
2000年2.0(Hi-Speed)480Mbps
2008年3.0USB 5Gbps
(SuperSpeed)
5Gbps
2013年3.1USB 10Gbps
(SuperSpeed+)
10Gbps
2017年3.2USB 20Gbps20Gbps
2019年4 Version 1.0USB 40Gbps40Gbps
2022年4 Version 2.0(USB 80Gbps)80Gbps

USB「4 Version 2.0(USB 80Gbps)」については、2022年9月に発表された新しい規格です。新表記(ロゴ名)がまだ公開されていませんが、通信速度の表示が 80Gbps になるだけでしょう。

USB「2.0」については、「通信速度」による表記はせずに、従来の「Hi-Speed」または速度の記載がない表記になる予定です。「M(メガ)」「G(ギガ)」の違いを見ないと、数値が大きい方が高速だと勘違いする可能性を配慮したのかもしれません。

ちなみに、USB「3.0」にも「SuperSpeed(SS)」という表記がありましたが、こちらは使われなくなる予定です。

オルタネートモード

「オルタネートモード」は、「USB Type-C」の通信経路(レーン)を「DisplayPort」など別の規格の通信に転用できる機能です。「オルトモード」「オルタネイティブモード」と呼ばれることもあります。

「Type-C」ケーブルの中には、通信速度が低速なレーンが1本、高速なレーンが4本、USB 2.0 専用レーンが1本あります。

オルタネートモードの図解

高速レーンの2本は普段 USB 3.x として使われていて、その他のレーンは未使用(空き)の状態です。これらのレーンをオルタネートモードに転用できます。(USB 2.0 専用レーンは転用できない)

例えば、DisplayPort 用のコネクタ・ケーブルを使わずに、USB Type-C のコネクタ・ケーブルで PC とディスプレイをつなぐだけで映像をうつすことができます。

オルタネートモードの図解

オルタネートモードで使える主な規格は、次のようなものがあります。

  • DisplayPort(映像出力)
  • HDMI(映像出力)
  • Thunderbolt(データ通信)

オルタネートモードが多くの通信を必要とする場合は、USB 3.x 用のレーンまでオルタネートモードとして使うので、USB の通信速度が「2.0(480Mbps)」まで低下することがあります。

オルタネートモードの図解

オルタネートモードを使うには、対応した機器とケーブルが必要です。

関連記事

USB の給電規格についての記事はこちら。

USB の充電(給電)規格、多すぎ!! 混乱するのでまとめてみた

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました