VSCode: リガチャフォント「FiraCode」の文字の形を変えてみる

この記事は約3分で読めます。

編集画面の変更前/後

こんにちは、さち です。

以前、無料のコードエディター「Visual Studio Code(以下:VSCode)」に、リガチャ(合字)対応フォント「FiraCode」を導入しました。

VSCode: フォントをリガチャ(合字)対応のものに変更してみる

先日、その「FiraCode」がアップデートされて、一部の文字の形を変えられるようになりました。

私も、慣れない形で気になる文字があったので、実際に試してみます。

スポンサーリンク

文字の形に違和感がある

編集画面

VSCode で使用するフォントを「FiraCode」にした状態です。

個人的には、&(アンパサンド)@(アットマーク)≦(<=のリガチャ)≧(>=のリガチャ) は形が独特で、少し違和感があります。

別の形での表示に変えてみましょう。

また、*(アスタリスク)g(Gの小文字)=(==のリガチャ)≠(!=のリガチャ)≡(===のリガチャ)≢(!==のリガチャ) は別にこのままでも良いのですが、参考までに変えてみます。

文字の形を変える方法

フォントのダウンロード

一部の文字を別の形で表示にするには、FiraCode の最新バージョンが必要です。GitHub からダウンロードしましょう。

フォントのダウンロード

ダウンロードした ZIPファイル を解凍すると、フォントファイルが表示されます。

Windows では不具合を避けるため、インストール済みの古いバージョンの「FiraCode」フォントを削除してから、ダウンロードした新しいバージョンのものをインストールした方が良いです。

フォントを削除(アンインストール)する方法は、こちらの記事を参照して下さい。

Windows: フォントの削除・追加をする方法

VSCode の設定をする

  1. アクティビティバーの下部にある「管理(歯車)」アイコンをクリック。
    管理
  2. 設定」をクリック。(ショートカットは Ctrl + キー)
    設定
  3. 検索に font ligatures と入力。
    設定画面
  4. 「Editor: Font Ligatures」にある「settings.json で編集」をクリック。
    リガチャ設定
  5. editor.fontLigatures」の値に、形を変更したい文字に該当するコード入力します。今回は、「&」の ss03、「@」の ss05、「*」の cv16、「g」の cv02、「≦」「≧」の ss02、「≠」「≢」の ss08 を入力。上書き保存Ctrl + S キー)をします。
    settings.json の編集画面
  6. 文字や記号の形が変わりました。
    編集画面の変更前/後

関連記事

VSCode: フォントをリガチャ(合字)対応のものに変更してみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました