VSCode: 設定ファイル「settings.json」を直接開きたい

この記事は約2分で読めます。

settings.json

こんにちは、さち です。

普段、ウェブサイトを作るときは「Visual Studio Code(以下:VSCode)」を使っています。動作が軽く色々な機能も追加できるのに、無料で利用できる最強のコードエディターアプリです。

今回は、この VSCcode で、設定ファイル「settings.json」を直接開く方法について書いていきます。

スポンサーリンク

settings.json を直接開きたい

リガチャ設定

VSCode の設定をしていると、上図のように「settings.json」を編集する場面がちょくちょくあります。

しかし、変更したばかりの設定がイマイチですぐ戻したくなったとき、もう一度「設定」の該当項目を探すのが地味に面倒です。

直接、「settings.json」を開きたい!!

開く方法

【方法1】 「管理」から開く

  1. アクティビティバーにある「管理(歯車)」ボタンをクリック。
    管理
  2. 設定」をクリック。(ショートカットは Ctrl + キー)
    設定
  3. 設定」の画面が開きました。
    設定画面
  4. 右上にある「設定(JSON)を開く」ボタンをクリック。
    「設定 (JSON) を開く」ボタン
  5. settings.json」を開くことができました。
    settings.json

【方法2】 「コマンドパレット」から開く

  1. Ctrl + Shift + P キーを押して「コマンドパレット」を表示して、settings json と入力。「基本設定: 設定 (JSON) を開く」を選んで Enter キーを押します。
    コマンドパレット
  2. settings.json」を開きました。
    settings.json

ファイルがある場所

Windows の場合、「settings.json」ファイルは次の場所にあります。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Code\User

この場所は、エクスプローラーのアドレスバーに %AppData%\Code\User をコピペすると、一発で開けます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました