新しい「内蔵HDD」を PC に取り付けて使えるようにする

この記事は約2分で読めます。
記事内に広告が含まれています

エクスプローラーの画面

こんにちは、さち です。

PC(Windows 10)で使っている「内蔵HDD」の調子が悪くなってきました。壊れる前にデータを移動したいので新しい 内蔵HDD を買いました。

ただ、新しい 内蔵HDD を PC に取り付けてもそのままでは使えません。

というわけで、必要な初期設定をやっていきます。

スポンサーリンク

【手順1】 ディスクを初期化する

  1. 新しい「内蔵HDD」を PC に取り付けましたが、エクスプローラーの PC で「デバイスとドライブ」の一覧に表示されません
    エクスプローラーの画面
  2. 画面左下にある「Windows(スタート)」ボタンの上で「右クリック」をします。( + X キーでもOK)
    Windows スタート
  3. ディスクの管理」をクリック。
    デスクトップの画面
  4. 新しい「内蔵HDD」が赤い矢印付きで「不明」と表示されるので、「右クリック」します。
    「ディスクの管理」の画面
  5. ディスクの初期化」をクリック。
    「ディスクの管理」の画面
  6. パーティションスタイルを選びます。「XP」以前の Windows に接続することがなければ「GPT(GUID パーティション テーブル)」で大丈夫です。「OK」ボタンをクリックします。
    「ディスクの初期化」の画面

引き続き、「フォーマット」をしていきましょう。

【手順2】 ディスクのフォーマットをする

  1. 赤い矢印が消え「ベーシック」「オンライン」になりました。続いて、HDD の「フォーマット」をしていきます。右側にある「未割り当て」と表示されている部分を「右クリック」します。
    「ディスクの管理」の画面
  2. 新しいシンプル ボリューム」をクリック。
    「ディスクの管理」の画面
  1. 「新しいシンプル ボリューム ウィザードの開始」のウィンドウが表示されたら、「次へ」ボタンをクリック。
    「新しいシンプルボリュームウィザード」の画面
  2. ボリュームサイズの指定をします。通常は「最大ディスク領域」と同じ値のまま触らないでOKです。「次へ」をクリック。
    「新しいシンプルボリュームウィザード」の画面
  3. ドライブ文字ドライブレター)」を割り当てます。今回は古い 内蔵HDD が「D」ドライブなので、「E」ドライブにします。「次へ」をクリック。
    「新しいシンプルボリュームウィザード」の画面
  4. フォーマットの設定をします。「このボリュームを次の設定でフォーマットする」を選び、詳細設定はそのままでOK(「NTFS」「既定値」)。HDD の表示名を「ボリュームラベル」に入力します。「クイックフォーマットする」はオンにします(オフだと完了まで何時間もかかる)。「次へ」をクリック。
    「新しいシンプルボリュームウィザード」の画面
  5. フォーマットの作業が完了しました。「完了」ボタンをクリック。
    「新しいシンプルボリュームウィザード」の画面
  6. エクスプローラーの PC を確認すると、新しい 内蔵HDD が追加され、使えるようになっています。
    エクスプローラーの画面

コメント

タイトルとURLをコピーしました