スポンサーリンク

Windows:検索と分離したCortana(コルタナ)を非表示にする

この記事は約2分で読めます。

Windows の Cortana(コルタナ) を非表示にする

こんにちは、さち です。

Windows 10 がバージョン1903(May 2019 Update)になって、「Cortana(以下:コルタナ)」から「検索」機能が分離されました。

これまで、ファイル検索等は「コルタナ」から行っていましたが、今後はその機能を「検索」が引き継ぐことになります。「コルタナ」を使うことはほとんど無くなりそうです。

この際、「コルタナ」の誤爆を防ぐために非表示にしてみましょう。

スポンサーリンク

「コルタナ」と「検索」が別々になった

Windows 10 バージョン1903(May 2019 Update)から、「コルタナ」と「検索」が別々の機能として分かれました。

Windows の Cortana(コルタナ) を非表示にする

これまで、PC 内にあるファイル等を検索するときは「コルタナ」から行っていましたが、今後は「検索」から行います。

Windows の Cortana(コルタナ) を非表示にする

これまで、多くの場合「コルタナ」を使う目的は「検索」だったと思います。

今後、Windows 上でスマートスピーカーのような「音声操作」をすることがないのなら、「コルタナ」を使う用事もなくなります。

「コルタナ」を非表示にする

「コルタナ」を使わないのであれば、誤爆を防ぐために非表示にしておきましょう。

  1. 「検索」と「タスク ビュー」の間に「コルタナ」があります。
    Windows の Cortana(コルタナ) を非表示にする
  2. タスクバーの何もないところで「右クリック」。
    Windows の Cortana(コルタナ) を非表示にする
  3. 「Cortana のボタンを表示する」のチェックを外します。
    Windows の Cortana(コルタナ) を非表示にする
  4. 「コルタナ」が消えました。
    Windows の Cortana(コルタナ) を非表示にする

「検索」をアイコン表示だけにする

検索窓の表示が大きく、タスクバーを圧迫しているしていると感じる場合、「検索」をアイコン表示だけにしておけます。

  1. 検索窓が表示されている状態です。
    Windows:タスクバーの「検索」をアイコン表示にする
  2. タスクバーの何もないところで「右クリック」。
    Windows の Cortana(コルタナ) を非表示にする
  3. 「検索」→「検索アイコンを表示」と進みます。
    Windows:タスクバーの「検索」をアイコン表示にする
  4. 検索窓の代わりに「ルーペ」のアイコンになりました。検索したい時は、このアイコンをクリックすると検索窓が表示されます。
    Windows:タスクバーの「検索」をアイコン表示にする

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました