自分の PC で Windows 11 が動くのか調べてみる

この記事は約6分で読めます。

Windows11

こんにちは、さち です。

先日、Microsoft の新しい OS である「Windows 11」が発表されました。

Windows 10 が最後のバージョンと言ってなかったっけ? と疑問に思いつつも、新しいものにはやっぱりワクワクします。

そこで今回は、今使っている自分の PC に Windows 11 をインストールできるのかチェックしてみます。

スポンサーリンク

公式アプリでチェックする

アプリの導入

Microsoft が公式配布している「PC 正常性チェック」アプリを使って、今使っている PC に 「Windows 11」をインストールできるかチェックしてみます。

2021年6月30日現在、「PC 正常性チェック」アプリに不具合があり配布が停止(再開未定)されています。どうしても調べたい人は「WhyNotWin11」を使って下さい。
  1. Windows 11 の公式ページから、「PC 正常性チェック」アプリをダウンロード
    「PC正常性チェック」をダウンロード
  2. ダウンロードしたファイルを開いて、アプリをインストールします。
    インストーラー
  3. インストールが完了しました。
    インストール完了

チェックしてみる

  1. 「PC正常性チェック」アプリを起動。上部にある「今すぐチェック」をクリックします。
    今すぐチェック
  2. ダメです!! この PC では Windows 11 を実行できません
    チェックの結果

ダメな理由を調べる

Windows 11 の動作要件

Microsoft の公式発表によると、Windows 11 を動かすのに必要な PC スペック(性能)は次のとおりです。

プロセッサ 1GHz・2コア 以上の 64ビット CPU または SoC
メモリ 4GB 以上
ストレージ 64GB 以上
ディスプレイ 9インチ・8ビットカラー・画面解像度720p以上
グラフィックスカード DirectX 12 以上
システムファームウェア UEFI・セキュアブート に対応
TPM バージョン2.0 以上
その他 インターネット接続環境・Microsoftアカウント

「プロセッサ」「メモリ」「ストレージ」「ディスプレイ」「グラフィックスカード」の要件はそんなに厳しくありません。

「UEFI」も最近の PC は大体実装されているので問題ないと思います。

Windows 11 を導入できない原因の多くは「セキュアブート」「TPM」で、どちらもセキュリティに関する項目です。

実際に、PC を調べてみます。

余談: 「UEFI」「セキュアブート」「TPM」って何?

よく分からないという人のために簡単に解説します。

UEFI(Unified Extensible Firmware Interface)

PC を動かすには「BIOS」というシステムが必要。しかし、BIOS は設計が古く最近の PC には合わない部分が出てきたので、後継として生まれたのが「UEFI」です。

セキュアブート

「UEFI」の機能の一つで、PC の起動システムを信頼できるものしか使えないようにします。その名のとおりセキュア(安全)なブート(PC起動)を行う仕組みです。

TPM(Trusted Platform Module)

セキュリティ関連の処理をする半導体チップ。主にデータの暗号化や復号化を行います。CPU などの他のチップと統合されている場合が多いです。

「UEFI」「セキュアブート」のチェック

  1. タスクバーの検索に「システム情報」と入力。
    「システム情報」で検索
  2. 上部に表示された「システム情報」をクリックします。
    「システム情報」を開く
  3. 「BIOSモード」は「UEFI」になっているのでOK。しかし、「セキュアブートの状態」が「無効」になっています。これがダメな原因ですね。
    セキュアブートが「無効」

「TPM」のチェック

  1. タスクバーの検索に「セキュリティ」と入力。
    「セキュリティ」で検索
  2. 上部に表示された「セキュリティ プロセッサ」をクリックします。
    「セキュリティ プロセッサ」を開く
  3. 「仕様」に何も情報が表示されず、「状態」も「準備ができていません」になっています。こちらもダメな原因ですね。
    準備ができていません

「セキュアブート」「TPM」を有効にする

下記は、マザーボード「ASRock H170 Performance」・CPU「Intel Core i7 6700」を使っている場合の例です。メーカーやマザーボードの種類,UEFI のバージョンによって、操作手順が異なることがあります。

  1. PC の電源を入れてメーカーロゴが表示された瞬間に F2 または Delete キーを押しっぱなしにします。
  2. すると、UEFI が表示されるので、画面右上にある「Advanced Mode」をクリック。
    Advanced Mode
  3. 画面上部にある「Security」をクリック。
    Security
  4. 「Secure Boot」と「Intel Platform Trust Technology」をクリックして「Enabled」にします。
    「セキュアブート」と「TPM」を有効にする
  5. 画面右上にある「Exit」をクリック。
    Exit
  6. Save Changes and Exit」をクリック。
    Save Changes and Exit
  7. Yes」をクリックすると PC が再起動します。
    終了確認ダイアログ
  8. Windows 10 が起動しました。前述の方法でもう一度「セキュアブートの状態」をチェックすると、「有効」に変化。要件を満たしています。
    セキュアブートが有効に
  9. 同様に「TPM」をチェックすると、こちらも「準備完了(有効)」に変化。仕様バージョンに「2.0」と表記されているので「TPM2.0」の要件も満たしています。
    TPM2.0が有効に
  10. そこで、もう一度「PC正常性チェック」アプリでチェックしてみます。しかし、結果は変わらず実行できません。ダメです!!
    チェックの結果
  11. Windows の言語設定を英語にすると、「PC正常性チェック(PC Health Check)」でダメな原因が表示されるという情報を見たので試してみました。『プロセッサーがサポートされていない』だそうです。せっかく要件満たしても、CPU 自体をはじかれるなら元も子もない……。
    チェックの結果とその原因

対応する CPU は最近のものだけ?

Microsoft が公開している Windows 11 がサポートする CPUリスト(→ Intel, → AMD) に、Intel Core i7 は「8000番台(第8世代:Coffee Lake)」以降しか載っていません。 この CPU は2017年11月発売なので、約3年半前までのものしか対応していないわけです。

私は Core i7「6700(第6世代・Skylake)」を使っているので、いくら他の要件を満たしても CPU そのものが未対応でダメということ。2015年9月発売の CPU なので確かに少し古いですが、今でも Windows 10 がサクサク動くので不満はありません。

なぜ「第8世代」以降の CPU でないとダメなのかはハッキリしていないので、今後対応してくれたりしないかなと淡い期待をしています。

「WhyNotWin11」で簡単チェック

有志の方が作ったアプリ「WhyNotWin11」を使うと、Windows 11 を導入できない理由が簡単に分かります。インストール不要ですぐ使えます。

実際に使ってみるとこんな感じ。有効にした「Secure Boot(セキュアブート)」と「TPM Version」は「OK」になっています。やっぱり「CPU」だけがダメでした。

WhyNotWin11の結果

最初からこのアプリを使った方が簡単で分かりやすかったですね……。

ただし、このアプリは Microsoft 公式のものではないため、初回起動時に「不明な発行元」として警告・停止されることがあります。その場合は、「詳細情報」を開いて「実行」しないと起動できません。使用は自己責任でお願いします。

参考にさせて頂いた記事

→ 新しめのPCでも動かない可能性が? 「Windows 11」を動作要件を改めてチェック! - ITmedia
→ Windows 11チェックプログラムに「アップデートできない理由」が分かる新機能 - ITmedia
→ Windows 11が導入できない理由も示してくれるPCスペックチェックツール「WhyNotWin11」を使ってみた - GIGAZINE

コメント

タイトルとURLをコピーしました