改めて、自分の PC で Windows 11 が動くのか調べてみる

この記事は約6分で読めます。

Windows11

こんにちは、さち です。

2021年10月5日に Windows 11 が正式にリリースされました。

以前、私の使っている PC に Windows 11 をインストールできるのかアプリ「PC 正常性チェック」を使って調べたのですが、その時は「Windows 11 を実行できません」と表示されるだけでした。

しかし先日、「PC 正常性チェック」がアップデートされて原因も表示されるようになりました。

もしかして Windows11 を実行できる対象になっているかもと淡い期待を抱きつつ、もう一度「PC 正常性チェック」で調べてみることにします。

スポンサーリンク

PC 正常性チェックを使って確認する

アプリをアップデートする

以前のバージョンの「PC 正常性チェック(Microsoft 公式アプリ)」では Windows 11 に適合/不適合なシステム要件を項目ごとに確認できません。まずは、アップデートしていきます。

まだ、「PC 正常性チェック」を導入していない場合は、下記と同じ方法でインストールできます。

  1. Windows 11 の公式ページから、「PC 正常性チェック」アプリをダウンロード
    「PC正常性チェック」のダウンロード
  2. ダウンロードしたファイルを開いて、アプリをインストール(上書き)します。
    インストーラー
  3. インストールが完了。「PC 正常性チェック」のアップデートが完了しました。
    「PC正常性チェック」のインストール

Windows 11 を使えるか確認する

  1. 「PC 正常性チェック」を起動。「今すぐチェック」ボタンをクリックします。
    PC正常性チェックの操作画面
  2. やっぱりダメです!! CPU がサポート対象外です。想定内だけどやっぱり悲しい。ちなみに、「すべての結果を表示」ボタンをクリックすると……
    Windows11 の互換性チェックの結果
  3. 満たしている要件も確認できます。
    Windows11 の互換性チェックの結果

Windows 11 にアップグレードするには

スペックの要件

Microsoft の公式発表では、Windows 11 にアップグレードするのに必要な PCスペック(性能) は次のとおり。

プロセッサ 1GHz・2コア 以上の 64ビット CPU または SoC
メモリ 4GB 以上
ストレージ 64GB 以上
ディスプレイ 9インチ・8ビットカラー・画面解像度720p以上
グラフィックスカード DirectX 12 以上
システムファームウェア UEFI・セキュアブート に対応
TPM バージョン2.0 以上
その他 インターネット接続環境・Microsoftアカウント

要件で引っかかりやすいのはセキュリティ関連の「セキュアブート」「TPM」です。

ただし、これらに引っかかった場合でも、少し前の CPU であれば UFEI(BIOS) の設定を変えることで「セキュアブート」「TPM」の要件をクリアできる可能性があります。

UFEI(BIOS) の設定手順についてはこちらの記事を参照して下さい。「UEFI」「セキュアブート」「TPM」が何なのかも簡単に説明しています。

自分の PC で Windows 11 が動くのか調べてみる
こんにちは、さち です。 先日、Microsoft の新しい OS である「Windows 11」が発表されました。 Windows 10 が最後のバージョンと言ってなかったっけ? と疑問に思いつつも、新しいものにはやっ...

プロセッサーの要件

Windows 11 に対応しているプロセッサーは、下記の Microsoft 公式ページで確認できます。

Intel のプロセッサー
Windows processor requirements Windows 11 supported Intel processors
This specification details the Intel processors that can be used with Windows 11 customer systems that include Windows products, including custom images.
AMD のプロセッサー
Windows processor requirements Windows 11 supported AMD processors
This specification details the AMD processors that can be used with Windows 11 customer systems that include Windows products, including custom images.

私が使っている CPU は Intel「Core i7 6700」なので、プロセッサーの要件を満たしていません。

上記の一覧に載っていないプロセッサーでも将来使えるようになる可能性はありますが、期待は薄そうです。

というのも、要件を満たしていない PC にも Windows 11 をインストールする方法が一応あるからです。

要件外の PC も入れられなくはない

要件を満たさない PC にも Windows 11 をインストールする方法はあります。ただし、次のシステム要件だけは必須です。注意して下さい。

インストールの必須要件
  • TPM のバージョンが 1.2 以上

また、要件の一部を満たしていない PC に Windows 11 をインストールする場合、次のようなリスクがあります。

要件外PC で Win11 を使うリスク
  • Windows Update を受けられない可能性がある
  • デバイスのドライバーがない可能性がある
  • Microsoft のサポート対象外
  • PCメーカー のサポート対象外
  • 互換性の問題で PC に損害が出る可能性がある

要件を満たさない PC に Windows 11 をインストールする方法は、Microsoft 自体が紹介しているので一応公式です。ただし、上記のようなリスクも明言されていて非推奨とされています。自己責任で行いましょう。

Windows 11 をインストールする方法
の ページにアクセスするための推奨オプションなど、Windows 11 をインストールする方法を参照してください。
最小システム要件を満たしていないデバイスに Windows 11 をインストールする
動作要件を満たさないPCを「Windows 10」から「Windows 11」にする方法(公式ながらも保証なし)
Microsoftの新OS「Windows 11」は、比較的新しいPCでも動作要件を満たさない可能性がある。しかし、一部のチェックを省略することで要件を満たさないPCでも、サポートや保証を受けられないことを承知すればインストールできる。その手順を解説する。

私も Windows 11 を使ってみたいですが、ドライバーや Windows Update など心配なところもあります。情報を集めながら慎重に検討しようと思います。PC が使えなくなると、このブログも書けなくなっちゃいますし……。

関連記事

自分の PC で Windows 11 が動くのか調べてみる
こんにちは、さち です。 先日、Microsoft の新しい OS である「Windows 11」が発表されました。 Windows 10 が最後のバージョンと言ってなかったっけ? と疑問に思いつつも、新しいものにはやっ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました