スポンサーリンク

Affinity Photo: ベクターレイヤーが勝手にピクセルレイヤーになるのを防ぐ

この記事は約2分で読めます。

Affinity Photo: ベクターレイヤーが勝手にピクセルレイヤーになるのを防ぐ

こんにちは、さち です。

Photoshop の代替として優秀な Affinity Photo。低価格なのに多機能で、コスパに優れた画像編集アプリです。

今回は、この Affinity Photo で、シェイプ(図形)などの「ベクター」レイヤーが、勝手に「ピクセル」レイヤーに変換(ラスタライズ)されないようにする方法について書いていきます。

スポンサーリンク

勝手にラスタライズされる

  1. このようなキャンバスがあります。
    Affinity Photo: ベクターレイヤーが勝手にピクセルレイヤーになるのを防ぐ
  2. レイヤーの構成はこんな感じ。「吹き出し」はシェイプ(図形)ツールで作ってあります。
    Affinity Photo: ベクターレイヤーが勝手にピクセルレイヤーになるのを防ぐ
  3. 目の部分だけをぼかすために、その部分を選択範囲で囲みます。
    Affinity Photo: ベクターレイヤーが勝手にピクセルレイヤーになるのを防ぐ
  4. メニューの「フィルタ」→「ぼかし」→「ガウスぼかし」と進みます。
    Affinity Photo メニュー ガウスぼかし
  5. ウィンドウ右上に「アシスタント」が表示。「アシスタントによってラスタライズされています」と書かれています。
    Affinity Photo: ベクターレイヤーが勝手にピクセルレイヤーになるのを防ぐ
  6. レイヤーを確認すると、「シェイプ(吹き出し:楕円)」がラスタライズされて「ピクセル」レイヤーになっていました。何てことを……。
    Affinity Photo: ベクターレイヤーが勝手にピクセルレイヤーになるのを防ぐ

この現象が起きた原因は、手順「2」で「シェイプ(吹き出し:楕円)」レイヤーを選択してしまっていたことです。

シェイプは「ベクター」レイヤーなので、このままでは「ガウスぼかし」フィルターをかけられません。そこで、Affinity Photo が気を利かせて、自動でラスタライズしてくれたわけです。

悪いのはレイヤーの選択を間違えた自分ですが、勝手にラスタライズされるのは困ります。ラスタライズされたことに気づかず編集を進めてしまったら、大変なことになります……。

解決方法

原因である「アシスタント」の設定を変更します。

  1. メニューの「表示」→「アシスタントマネージャー」と進みます。
    Affinity Photo: ベクターレイヤーが勝手にピクセルレイヤーになるのを防ぐ
  2. 「ベクトルレイヤにフィルタを適用」の項目を「何もしない」に変更(アシスタント自体が不要なら、左上にある「アシスタントを有効にする」のチェックを外してもOK)。「閉じる」をクリックします。
    Affinity Photo: ベクターレイヤーが勝手にピクセルレイヤーになるのを防ぐ
  3. これで、「ベクター」レイヤーを選択している状態では……
    Affinity Photo: ベクターレイヤーが勝手にピクセルレイヤーになるのを防ぐ
  4. フィルターを使用できなくなります。
    Affinity Photo: ベクターレイヤーが勝手にピクセルレイヤーになるのを防ぐ

ちなみに、話の関係で途中放棄した編集ですが、本来はこうなるはずでした。QU4RTZ 尊い。Sing & Smile!! エモエモのエモ。

Affinity Photo: ベクターレイヤーが勝手にピクセルレイヤーになるのを防ぐ

アシスタントマネージャーの項目は、今回と同じ理由で「ベクトルレイヤ上の他のブラシ」も「何もしない」にしておくことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました