「WordPress」を専用ディレクトリに置きつつメインドメインで運用

この記事は約3分で読めます。

WordPress 専用ディレクトリ インストール URLをトップにする

こんにちは、さち です。

先日、サーバーに WordPress をインストールする機会がありました。

通常、WordPress のインストールはルートディレクトリ(最上位の公開ディレクトリ)にしますが、WordPress 関連のファイルは結構多いので、ルートディレクトリがゴチャゴチャしてしまいます。

そのうち、どれが WordPress のファイルか分からなくなって、間違えて削除してしまいそうで心配……。

そこで今回は、WordPress を専用ディレクトリ(子ディレクトリ)に設置しつつも、メインドメインで運用する方法について書いていきます。

スポンサーリンク

操作手順

下記手順は、WordPress を「expample.com」のようなメインドメインで運用していますが、サブドメイン(sub.example.com)で運用する場合も同じ手順で可能です。その場合、ドキュメントルート=サブドメインの最上位ディレクトリと読み替えて、操作を行って下さい。

  1. WordPress をサーバー上の専用ディレクトリ(フォルダ)にインストールします。例として、ドキュメントルートの子ディレクトリ「wp」にインストールしたとします。
    WordPress 専用ディレクトリ インストール URLをトップにする
  2. 普通に WordPress の初期設定をしてサインインします。左側のメニューの「設定」→「一般」と進みます。
    WordPress 専用ディレクトリ インストール URLをトップにする
  3. 「サイトアドレス」をトップの URL に変更します。「WordPress アドレス」はインストール場所から変えたらダメです。バグります。
    WordPress 専用ディレクトリ インストール URLをトップにする
  4. 下にページをスクロールして「変更を保存」をクリック。ファイルが存在しないなどと表示されても問題ありません。
    WordPress 専用ディレクトリ インストール URLをトップにする
  5. 子ディレクトリ「wp」内にある「.htaccess」「index.php」をドキュメントルートにコピーします。「移動」ではなく「コピー」です。すでにドキュメントルートに「.htaccess」がある場合は、そこに「wp」ディレクトリの「.htaccess」の内容を追記します。
    WordPress 専用ディレクトリ インストール URLをトップにする
  6. ドキュメントルートの「index.php」を編集します。17行目のクォート内「/wp-blog-header.php」の先頭に WordPress が入っているディレクトリ名を付け「/wp/wp-blog-header.php」として保存。
    <?php
    /**
    * Front to the WordPress application. This file doesn't do anything, but loads
    * wp-blog-header.php which does and tells WordPress to load the theme.
    *
    * @package WordPress
    */
    
    /**
    * Tells WordPress to load the WordPress theme and output it.
    *
    * @var bool
    */
    define('WP_USE_THEMES', true);
    
    /** Loads the WordPress Environment and Template */
    require( dirname( __FILE__ ) . '/wp/wp-blog-header.php' );

     

  7. パーマリンクの設定をしている場合は、WordPress の左側のメニューから「設定」→「パーマリンク設定」を開いて、適切な設定にします。

これで、メインドメインにアクセスした時に WordPress のサイトが表示されます。

ちなみに、ドキュメントルートに「index.html」があると、WordPress(index.php) ではなくそちらが読み込まれてしまいます。「index.html」の名前を変更または削除をするか、「.htaccess」で読み込みの優先順位を変えましょう。

ちなみに、WordPress のログイン画面には、「example.com/wp-login.php」と「example.com/wp/wp-login.php」どちらでもアクセスできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました