スポンサーリンク

iPhoneの中からスクリーンショットだけを抽出表示するアプリ

この記事は約2分で読めます。

操作画面

こんにちは、さち です。

今回は、iPhone の中からスクリーンショット画像だけを抽出できるアプリ
「Screenshots」を紹介します。

写真 と スクリーンショット がぐちゃぐちゃに混在して
わけが分からなくなっている人に便利なアプリですよ!

スポンサーリンク

iPhone からスクリーンショットだけを抽出

  1. アプリを起動するとこんな感じ。
    (初回起動時は「写真」へのアクセス許可が必要です)
    「Screenshots」を選びます。
    操作画面
  2. iPhone内の画像からスクリーンショットだけ自動抽出。
    画像をタップすると拡大表示できます。
    操作画面

アプリは横向き表示にも対応しています。
(横向き表示では、画像は一行に3つ並びます)

画像を別のフォルダに移動

  1. スクリーンショット一覧で画面右上の「Select」を選択。
    操作画面
  2. 移動する画像を選択し、「Move to Folder」をタップ。
    操作画面
  3. フォルダ名を付けて、右上の「Done」をタップ。
    (すでにフォルダがある場合は下に表示されます)
    操作画面
  4. フォルダが作成され、画像が移動しました。
    操作画面
  5. フォルダで分類しておくと
    あとで画像が探しやすくなって便利ですね。
    操作画面

フォルダに移動した画像は
元の「Screenshots」フォルダからは消えます。
これが iPhone の「写真」とは仕様が異なるので注意。

保管場所を「Screenshots」へ戻すには
画像を選択し「Remove from Folder」を選択すればOKです。

画像を iPhone から削除することもできるので
スクリーンショットを整理したい時にも便利です(iOS8以降)。

無料でダウンロードできるのでぜひ使ってみて下さいね。

   → Screenshotter - iTunes Store(無料)

コメント

タイトルとURLをコピーしました