テキストフォームをバックアップ!

この記事は約2分で読めます。

FormRecovery_icon.pngForm Recovery(作者:The Interclue Team様) - Firefox用アドオン
Form Recovery 操作画面

こんにちは、さち です!

もうすぐゴールデンウィークですね。
みなさんはどこかにお出かけする予定を立てましたか?
ETCで高速道路が1000円になりましたがやはりゴールデンウィークは高速が混むのかしら…。

さて、今回はウェブサイトのテキストフォームを
サーバエラー や ブラウザのクラッシュ などの「もしも」に備えて
自動的にバックアップ,保存してくれる Form Recovery を紹介しようと思います。

では From Recovery の特徴を見ていきましょう!

スポンサーリンク

テキストフォームを自動でバックアップ

テキストフォームを入力するときは
いつもと同じように普通に入力するだけでOKです!

もし万が一何らかの理由でテキストフォームの内容が消えてしまったときは
上記画像のように右クリックから自動バックアップを呼び出すことが出来ます。

バックアップは自動で消去可能

テキストフォームの自動バックアップデータは
テキストの送信が正常にサーバに送られれば必要がなくなると思います。
そこで Form Recovery にはバックアップの自動消去機能が付いています。

標準ではこの機能がオフになっているので
アドオンの設定を開き
「Securityタブ」 → 「Remove saver forms after ...」 にチェックを入れればOKです。

バックアップの消去はバックアップ時から指定の時間が過ぎると自動で行われます。
時間は自由に指定が出来ますので自分の環境に合わせて変更してみて下さい。

パスワードはバックアップを取らない

パソコンを家族など複数人で共有している場合には
パスワードまで自動バックアップを取られてしまうのは大きな問題だと思います。

Form Recovery はデフォルトでパスワードは保存しない設定になっているので
プライバシーも安心です。

パスワードも保存したい場合はアドオンの設定を開き
「Securityタブ」 → 「Save passwords」 にチェックを入れればOKです。

バックアップは手動で消去することもできます。
その際にはアドオンの設定を開き
「Databaseタブ」 → 「Remove all saved forms」 をクリックすればOKです。

気に入った方はぜひ使ってみて下さいね!

   → Form Recovery をダウンロードする

コメント

タイトルとURLをコピーしました