常駐プログラムを減らす(1)

この記事は約2分で読めます。

今日は常駐プログラムを減らしてパソコンの高速化をする裏ワザを紹介しようと思います。

パソコンが重くなる原因の一つに常駐プログラムの増加があります。

常駐プログラムはアプリケーションソフトをインストールしたときに
自動的に増えるものもたくさんあり
知らないうちに常駐プログラムがどんどん増えていきます。

常駐プログラムは目には見えないところで動いている
(バックグラウンドで動いているもの)がたくさんあり
パソコンに負荷をかけユーザが行いたい処理を遅くします。

中にはユーザが必要としていないプログラムもあるでしょうから
常駐プログラムが自動で起動しないように設定を変更してしまいましょう。

まずは、「スタートアップ」を整理しましょう。

スタートアップは
画面左下の「スタート」→「すべてのプログラム」→「スタートアップ」
にあります。

次に「スタートアップ」の上で右クリックをして「開く」をクリックしてください。
操作画面
※ クリックで拡大

すると「スタートアップ」されるアプリが表示されます。
ここにあるものがパソコンの起動時と処理時に負荷をかけていますので
いらないものを削除しましょう。

主にショートカットだと思うので
いらないものはそのままゴミ箱に捨ててしまって大丈夫です。

これで「スタートアップ」の整理は終わりです。

常駐プログラムはすべてスタートアップで起動されているわけではないので
スタートアップに表示されていない常駐プログラムの整理が必要なのですが
こちらはまた次回紹介します。
【追記】 こちらで紹介しています

   →他のパソコンを軽くする裏ワザを見る

パソコンを軽くする方法は他にもあるので興味がある方はぜひどうぞ!

   → PCを高速化する方法を紹介している書籍 (Amazon)
   → 他の「パソコンを軽くする裏ワザ」を見る

【お知らせ】
裏技パソコン生活 様と相互リンクをしました。
私のサイトの内容と関連のあるサイト様ですので
興味がある方は是非チェックしてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました