iPhone: 「iOS 15」にならないように自動アップデートを止めておく

この記事は約2分で読めます。

イメージ

こんにちは、さち です。

先日、iPhone の「iOS 15」が正式リリースされました。私が使っている iPhone 12 もアップデートの対象です。

ただ、「スクフェス」「スクスタ」など複数のアプリで、iOS 15 にすると不具合が出るとアナウンスされているので、アップデートができません……。

ツイッターなどで先駆者の話を見ると、「スクスタ」の不具合は iOS 15 のベータ版だけで出て、正式リリース版なら出ない説もありますが、一応様子を見るために iOS の自動アップデート止めておきます。

スポンサーリンク

操作手順

  1. 設定」アプリをタップ。
    iPhone アプリ 設定
  2. 一般」をタップ。
    iPhone 設定 一般
  3. ソフトウェア・アップデート」をタップ。
    ソフトウェア・アップデート
  4. 自動アップデート」をタップ。
    自動アップデート
  5. iOSアップデート をインストール」をオフにします。これで、iOSアップデートが自動でされることはありません。
    iOSアップデートをダウンロード/インストール
  6. ただし、iOSアップデート をダウンロード」をオンにしていると、iOS のアップデートを促すダイアログが度々出てきます。それすらも嫌な人が多いと思うので、「オフ」にしておきましょう。
    iOSアップデートをダウンロード

手動で iOS をアップデートしたいときは、上記の手順「4」の画面からできます。

アップデートを放置し続けるのもセキュリティ的に良くないので、様子を見てアップデートしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました