スポンサーリンク

Windows:USBメモリを雑に外して良い設定かどうか確認する

この記事は約2分で読めます。

Windows10でUSBメモリを雑に外すための設定

こんにちは、さち です。

先日、USBメモリ を「安全な取り外し」を使わずに取り外して OK と公式に認めたというニュースについてつぶやきました。


以前は NG だったものを突然 OK と言われると、『本当に大丈夫なの……?』と心配になります。Windows 10 の設定が、本当に USBメモリ を雑に取り外しても良いようになっているか、確認してみます。

スポンサーリンク

「クイック削除」になっているか確認する方法

  1. USBメモリ を PC に接続します。
    Windows10でUSBメモリを雑に外すための設定
  2. + X キーを押してアドバンスドメニューを表示(画面左下の「Windows(スタート)」ボタンを右クリックしてもOK)。「デバイス マネージャー」をクリック。
    Windows10でUSBメモリを雑に外すための設定
  3. ウィンドウが開いたら、「ディスク ドライブ」をクリック。
    Windows10でUSBメモリを雑に外すための設定
  4. USBメモリ(名前は商品ごとに違う)を右クリック。
    Windows10でUSBメモリを雑に外すための設定
  5. 「プロパティ」をクリック。
    Windows10でUSBメモリを雑に外すための設定
  6. 「ポリシー」タブを開きます。「取り外しポリシー」が「クイック削除」になっていればOK。
    Windows10でUSBメモリを雑に外すための設定

「クイック削除」とあるので、何かを削除するのかと心配になりますが、英語版 Windows では「Quick removal」と表記されているので、「クイック取り外し」という意味だと思えば良いんじゃないでしょうか。

USBメモリ を適当に取り外して良いと公式が認めているのは「クイック削除」の場合だけです。「高パフォーマンス」で使う場合は、必ず「安全な取り外し」を行いましょう。

この設定が既定になるのはバージョン「1809」以降

Windows10でUSBメモリを雑に外すための設定

USBメモリの「クイック削除」が既定のポリシーになっているのは、Windows 10 のバージョン「1809」以降です。

Windows 10 のバージョンを調べる方法については、こちらの記事をどうぞ。

Windows 10 のバージョン(OSビルド)を調べてみる
こんにちは、さち です。 少し前に、Windows 10 の「October 2018 Update」で ファイルが勝手に削除される不具合が話題になりました。 手動でアップデートをした記憶はないですし 自動アップ...

「安全な取り外し」は今後も使える

Windows10でUSBメモリを雑に外すための設定

既定の設定が「クイック削除」になったといっても、「安全な取り外し」が無くなるわけではありません。

いくら大丈夫と言われても、突然ぶっこ抜くなんて不安でできないという人は、引き続き「安全な取り外し」を使いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました