スポンサーリンク

iPhone:「Siri」も「音声コントロール」も両方無効にする

この記事は約2分で読めます。

操作画面

こんにちは、さち です。

iPhone で
「Siri」を無効にすると、代わりにあらわれる機能「音声コントロール」。

これまで、「音声コントロール」は無効にすることができず
音声操作が不要な人にとっては
ロック解除時などに誤爆する機能でしかありませんでした(私です)。

しかし、ついに iOS 10.2 で
「音声コントロール」も無効にできるようになりました。
いやっほぉー!!

スポンサーリンク

「音声コントロール」は無効にできなかった

以前の iOS は
「Siri」を無効にした状態で「ホーム」ボタンを長押しをすると
「音声コントロール」が起動されました。
操作画面

これまで、「音声コントロール」は無効にする方法がありませんでした。

「Siri」を無効にする理由の多くは
音声による操作自体を必要としていないことだと思いますが
それが「音声コントロール」によって阻まれていたわけです。

しかし、ついに iOS 10.2 で
「音声コントロール」も無効にできる方法が用意されました。

操作手順

下記の操作は iOS 10.2 以降で有効です。
iOS を 10.2 以上にアップデートしてから行って下さい。

  1. 「設定」を開きます。
    設定
  2. 「一般」をタップ。
    操作画面
  3. 「アクセシビリティ」をタップ。
    操作画面
  4. 「ホームボタン」をタップ。
    操作画面
  5. 「押したままにして話す」の項目を「オフ」に変更。
    操作画面

これで、「ホーム」ボタンを長押ししても何も起動しません。
(「Siri」「音声コントロール」どちらも起動しません)

ちなみに、この設定をすると自動で「Siri」がオフになります。
操作画面

コメント

タイトルとURLをコピーしました