スポンサーリンク

初代 iPod nano に不具合

この記事は約2分で読めます。

こんにちは、さち です。

8/20付で、CNET Japan に次のようなニュースが掲載されました。

アップルジャパンは8月20日、第1世代「iPod nano」のバッテリが過熱するなどの問題に対して、該当機種を顧客窓口であるAppleCare(フリーダイヤル:0120-27753-5)にて交換すると発表した。

これは2005年9月から2006年12月に販売された第1世代iPod nanoのバッテリ過熱や使用不可、変形などの報告を受けての対応となる。

CNET Japan より引用

実際のアップルジャパンからのプレスリリースはこちらです。。

第1世代 iPod nano バッテリー問題について

2008年8月20日、アップルは本日、経済産業省からの第1世代iPod潤・nanoのバッテリーに関する公表について、以下お知らせ申し上げます。

弊社は、ごくまれなケースとして2005年9月から2006年12月に販売された第1世代 iPod nanoのバッテリーが過熱を起こし、使用ができなくなったり、変形していることを確認しました。弊社はこのような事故の報告を何件か受けており(すべて第1世代iPod nanoであり、0.001パーセント未満です)、これらは一つのバッテリー・サプライヤーからの供給であることを特定しています。これまで、重大な人的被害や物的損害は報告されておらず、また他のiPod nanoのモデルについてはこうした報告はまったく受けていません。

第1世代のiPod nanoをお使いでバッテリー過熱を感じられたお客さまは、AppleCare(顧客窓口)にて交換いたしますので、ご連絡をお願いいたします。 また、他の第1世代iPod nanoをお使いのお客さまで少しでもご不安を感じられた方も、AppleCareにご連絡ください。

初代(第1世代) iPod nano を持っている人は一度確認してみた方がよさそうですね。。

   → AppleCare(顧客窓口): 0120-27753-5(フリーダイヤル)

コメント

タイトルとURLをコピーしました