Adobe フォトダウンローダ を起動させない方法

この記事は約3分で読めます。

操作画面

こんにちは、さち です。

Photoshop Elements をインストールすると
いつの間にか勝手に起動してたりする「Adobe フォトダウンローダ」。

ちなみに、「フォトダウンローダ」は
SDカードなどの中にある写真画像を
Photoshop Elements へ取り込む機能を持つソフト。
しかし、まったく使っていないという方も多いのでは。

たとえ使っていなくても
起動していればメモリを消費するので何だかもったいない。
ということで、フォトダウンローダが起動しないようにしてみましょう。

スポンサーリンク

方法その1

  1. Photoshop Elements を起動します。
  2. 「写真整理モード」にします。
    操作画面
  3. 読み込みに少し時間がかかりますが焦らず待ちましょう。
    操作画面
  4. メニューの「編集」→「環境設定」→「カメラまたはカードリーダ」と進みます。
    操作画面
  5. 「周辺機器の接続時にAdobeフォトダウンローダを自動起動」の
    項目のチェックを外します。
    操作画面
  6. 「OK」をクリックして環境設定を閉じます。

これで設定は完了。
フォトダウンローダが勝手に起動されることはなくなります。
以上は、Photoshop Elements 5 での手順です。
他バージョンでは表記等が一部異なるかもしれません。

方法その2

こちらの手順は「方法その1」を実行した方は不要です。
「その1」での方法が使えなかった場合に試してみてください。

例えば、下の画像は Photoshop Elements 7 なのですが
こちらにはフォトダウンローダのチェックボックス自体が存在しません。
後続バージョンでは仕様が変わってしまったのでしょうか。
操作画面

他にそれらしき項目も見当たらないですし困ってしまいますよね。
このような場合に下記手順を行なってみて下さい。

  1. キーボードで「Windowsマークのキー + R」を押します。
    (画面左下の「スタート」→「ファイル名を指定して実行」でもOK)
  2. 「msconfig」と入力し「OK」をクリック。
    msconfig
  3. 「スタートアップ」タブを選択します。
    コマンドの欄に「Adobe」という文字列が含まれていることを確認し
    「apdproxy」のチェックを外します。
    「OK」をクリックして閉じましょう。
    操作画面
  4. PCを再起動します。
    msconfig

PC再起動後に
「システム構成ユーティリティ」のダイアログが表示された場合は
「このメッセージを表示しない」にチェックを入れて
「OK」をクリックしましょう。

これで、フォトダウンローダが勝手に起動することは
なくなるはずです。

Photoshop Elements の使い方について
他にも色々と紹介していますので
よろしければ、ぜひこちらも合わせて読んでみてください。

【関連記事】

→ Photoshop Elements の使い方 目次

コメント

タイトルとURLをコピーしました