スポンサーリンク

マウスのダブルクリックが誤動作するのを防ぐソフト

この記事は約2分で読めます。

doubleclick_icon.pngマウスチャタリングキャンセラ(作者:星山 等 様) - フリーソフト(Win)
操作画面

こんにちは、さち です。

以前の記事

マウスのダブルクリックの誤動作を防ぐことができるソフト
「マウスチャタリングキャンセラ」について書いたのですが
バージョンアップが行われ機能も改良されたので
改めてまとめ直そうと思います。

スポンサーリンク

ダブルクリックになってしまう原因

「シングルクリック」が「ダブルクリック」になってしまうのは
チャタリングという現象が原因。
「マウスチャタリングキャンセラ」はその名の通り
チャタリングを判別,制御してくれるフリーソフトです。

5ボタンマウスに対応

操作画面

以前に記事を書いたときには
「左クリック」「右クリック」の2ボタンのみ対応でしたが
バージョンが「2」になり5ボタンまで対応しました。
各ボタンを個別に監視,設定することができます。

最近はボタン数の多いマウスが増えているので
より使いやすく改良されていますね。

ボタンにダブルクリックを割り当てても大丈夫

私はマイクロソフトの IntelliMouse を使っているのですが
サイドボタンに「ダブルクリック」の機能を割り当てている場合
以前のバージョンのマウスチャタリングキャンセラでは
そのダブルクリックもキャンセルされてしまっていました。

意図的なダブルクリックまでキャンセルされてしまっては
せっかくの多ボタンマウスの機能性が活かせません。

しかし、バージョン2.1で
この IntelliPoint での問題が解消されたため
とても快適に使えるようになりました。
私は以前のバージョンのこの症状に困っていたので
解決したのはとってもありがたいです!

ペンタブレットを除外できる

操作画面

以前のバージョンでは
ペンタブレットの筆圧検知がキャンセルされてしまうことがありましたが
「2.0」でオプションが追加され解消したようです。

ソフトの使い方

使い方はとても簡単。
マウスチャタリングキャンセラを起動しておくだけです。

環境にもよりますがメモリ使用量は約6MBで
PCへの負荷もほとんどありません。

インストール不要なのでレジストリを汚しません。
パソコン起動時にソフトを自動で起動したい場合は
スタートアップにマウスチャタリングキャンセラを登録しましょう。

「設定」を変更したい場合は
タスクバー右側のアイコン上で右クリックすればOKです。
操作画面

長年愛用しているマウスで
ダブルクリックが誤動作するという人は
ぜひこのソフトを使ってみてはいかがでしょう。

   → マウスチャタリングキャンセラ をダウンロードする

ソフトのバージョンアップについては
友人に教えてもらいました。
新しい内容で記事をまとめ直す機会をくれた友人に感謝!

コメント

  1. 辰しゃん より:

    以前からマウスの誤動作に困っていました。
    どうやら改善できたようです。
    紹介ありがとうございました。

  2. ponpon より:

    これを教えていただいたお陰で、半年マウス寿命が伸びました。
    さすがにUSB接続が確認できない誤作動が増え、今日やっと買い替えました*笑い*以前サイドボタン付きを買ったところ、ドライバーを読み込めないトラブルでがっかりしたことがあるので、すぐに潰すのを見越して低機能マウスでいいので予備も含め2つ買いました。いい情報をいつもありがとう^^

タイトルとURLをコピーしました