スポンサーリンク

エクセル:セルの幅が勝手に変わるバグを直す

この記事は約3分で読めます。

エクセルでセルの幅が勝手に変わるバグ

こんにちは、さち です。

先日、エクセル(Excel)を使っている時に、いつの間にかセルの幅が変わってることに気が付きました。『自分が何かやっちゃったのかな?』と思いながら使い続けていたんですが、どうもバグだったようです。

ものすごく地味なバグ。でも地味に困る。

スポンサーリンク

セルの幅が勝手に変わるバグ

正常な状態です。「O」列に「日時」が表示されているのが分かりますよね。

エクセルでセルの幅が勝手に変わるバグ

バグっている状態です。セルの幅が勝手に変わってしまい、「O」列の「日時」が見えなくなっています(日時を表示できる十分なセル幅がないため)。

エクセルでセルの幅が勝手に変わるバグ

比較するとこんな感じ。「O」列以外にも全体的にセル幅が狭くなっているのが分かります。つまり、すべてのセルの幅が変わってしまっているわけです。

エクセルでセルの幅が勝手に変わるバグ

例では、セルの幅が狭くなるバグが発生していましたが、広くなってしまう場合もあるようです。

入力データが少ないファイルであれば、セルの幅を直せばいいだけです。しかし、シート数が多い場合、すべて直すのは時間がかかり過ぎます。やっていられません。

バグが発生した原因

疑問に思いながらもそのままエクセルを使い続けていたんですが、後日たまたま別の調べ物をしていた時に、原因について書かれているニュースを見つけました。

米Microsoftは5月10日(現地時間、以下同)、「Windows 10 バージョン 1809」向けのオプション更新プログラム「KB4495667」を適用した環境で、「Microsoft Excel」シートのレイアウトが狂ってしまう問題が発生していることを明らかにした。

窓の杜より引用

Windows Update が原因らしいです。アップデート履歴を確認してみると、まさに更新プログラム「KB4495667」がインストールされていました。はぁ~(クソデカため息)

エクセルでセルの幅が勝手に変わるバグ

Windows Update の履歴を確認するには、「設定(Windows+I)」→「更新とセキュリティ」→画面左側の「Windows Update」→「更新の履歴を表示する」と進みます。
本来、自分で Windows Update をチェックしない限りこの更新プログラム(KB4495667)はインストールされません。しかし、手違いにより一部ユーザーには自動でインストールされてしまったようで、バグの原因もバグという笑えない状態になっている可能性があります。

解決方法

先日、修正アップデートが配信されたので、Windows Update をすれば直ります。

  1. Windows+I キーを押して「設定」を開き、「更新とセキュリティ」をクリック。
    Windows10 の Windows Update
  2. 「更新プログラムのチェック」をクリック。(ボタンの表示内容は状況によって異なります)
    Windows10 の Windows Update
  3. 「更新の履歴を表示する」を開いて、更新プログラム「KB4494441」がインストールされていればOK。
    エクセルでセルの幅が勝手に変わるバグ
  4. セルの幅が正常に戻りました。
    エクセルでセルの幅が勝手に変わるバグ

ただし、バグ発生中にセルの幅を直してしまった場合、逆に今度はその部分のセル幅がおかしくなります。頑張ってバグに対応した人ほど、また苦労をしてしまう皮肉……。

ちなみに、修正アップデートの更新プログラム「KB4494441」は、2度インストールされてしまうバグが発生しています。私も翌日2回目がインストールされましたが、今のところこのバグによる不具合は起きていません。最初から最後までバグだらけというキレイなオチ。でも笑えない……。

コメント

タイトルとURLをコピーしました