iPhone: iCloudバックアップによるギガ大量消費に注意【iOS 15】

この記事は約1分で読めます。

iCloud Drive, iCloudバックアップ

こんにちは、さち です。

iOS 15 からモバイル通信(4G・5G)を使った自動の「iCloudバックアップができるようになりました。

ただ、この機能を使うとギガ(データ通信量)を大量に消費します。あまりギガが多くないプランを契約している場合、すぐ通信制限になってしまいます。

自宅に Wi-Fi がある人には必要ない機能なので、「無効」にしておきましょう。

スポンサーリンク

操作手順

  1. 設定」アプリを開きます。
    iPhone アプリ 設定
  2. モバイル通信」をタップ。
    モバイル通信
  3. iCloudバックアップ」をオフにします。同じような機能の「iCloud Drive」もオフにしておきましょう。
    iCloud Drive, iCloudバックアップ

ついでに「Wi-Fiアシスト」もオフに

Wi-Fiアシスト

「Wi-Fiアシスト」は Wi-Fi の電波が弱いときに自動でモバイル通信に切り替える機能です。

自宅で無駄にギガを消費する原因になるので、必要ない場合は「Wi-Fiアシスト」もオフにしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました