スポンサーリンク

iPhone:ツイッターが680MBも容量を食ってるので削除してみる

この記事は約2分で読めます。

操作画面

こんにちは、さち です。

先日、iPhone の「ストレージ」を確認していると
「Twitter」アプリが 680MB 近く容量を食っていました。
恐らく、画像などのキャッシュが多いせいです。

一度見たタイムラインをさかのぼることをしなければ
キャッシュがなくてもツイッターの使用には差し支えがないと思うので
削除をして容量を減らしてみます。

スポンサーリンク

操作方法

  1. ストレージで確認すると 682.7MB も容量を食っています。
    キャッシュ削除してツイッターの容量を減らしてみます。
    操作画面
  2. 「ツイッター」公式アプリを開いて「プロフィール」をタップ。
    操作画面
  3. 「歯車」ボタンをタップ。
    操作画面
  4. 「設定とプライバシー」をタップ。
    操作画面
  5. 「データ利用の設定」をタップ。
    操作画面
  6. 「メディアストレージ」が 154.1MB、「ウェブサイトストレージ」が 650.5MB 使用しています。
    まずは、「メディアストレージ」から行きましょう。
    操作画面
  7. 画像、GIF画像、Vine などのキャッシュで 154.1MB 使っています。
    「メディアストレージを削除」をタップします。
    操作画面
  8. 「メディアストレージを削除」をタップ。これで削除完了です。
    操作画面
  9. ページを戻ると、メディアストレージの容量が 0KB になっています。
    続いて、「ウェブサイトストレージ」に行きます。
    操作画面
  10. 下の「すべて…」の方は、Cookie(各サイトのログイン情報等) まで消えるので
    今回は、消えない方の「ウェブページストレージを削除」をタップします。
    操作画面
  11. ページを戻ると 8バイト まで減りました。ほぼゼロですね。
    操作画面
  12. 525.2MB の削減に成功し、157.5MB まで減りました。
    アプリ本体が 116.3MB なので、その他データでの使用は 41.2MB ですね。
    操作画面

基本放置でも構わないものですが
容量食いすぎじゃね?と思ったときは削除してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました