スポンサーリンク

iPhone:ツイッターで個人情報が広告と結びつくのを止める

この記事は約1分で読めます。

操作画面

こんにちは、さち です。

今回は、iPhone 版「ツイッター」公式アプリで
個人情報が広告と結びつくのを止める手順について書いていきます。

スポンサーリンク

操作手順

  1. 「プロフィール」をタップ。
    操作画面
  2. 「歯車」ボタンをタップ。
    操作画面
  3. 「設定とプライバシー」をタップ。
    操作画面
  4. 「プライバシーとセキュリティ」をタップ。
    操作画面
  5. 「Personalization and data」をタップ。
    (アプリのバージョンによっては項目が日本語化している可能性があります)
    操作画面
  6. 今回は、Personalization に関するデータをすべてまとめてオフにします。
    「カスタマイズとデータ」のスイッチを「オフ」にしましょう。
    (項目ごとに「オン/オフ」を設定することも可能です)
    操作画面
  7. ダイアログが出たら「はい」をタップ。
    操作画面
  8. 前のページに戻り、「Personalization and data」が「オフ」になったことを確認。
    操作画面

ちなみに、以前からツイッターを使っているという場合は
必ずしもすべての項目が「オン」になっているわけではないようです。

「Personalization and data」の全項目はこんな感じ。
「オン」にしたい項目がある場合は
「カスタマイズとデータ」は「オン」にして各項目を個別に設定しましょう。
操作画面

iPhone(iOS) の、「設定」→「プライバシー」→「広告」で
「追跡型広告を制限」を「オン」にしている場合は
上記項目の「広告をカスタマイズ」は強制的に「オフ」になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました