Photoshopでキャンバスサイズを画像ピッタリに変更する小技

この記事は約2分で読めます。

イメージ

こんにちは、さち です。

Photoshop Elements でウェブ用の画像を編集をすると、ファイルサイズを小さくするためにキャンバスに無駄な余白を作りたくないと思うことがありますよね。

しかし、画像ピッタリのキャンバスサイズに変更する作業は、拡大表示をして切り抜きサイズを微調整しなくてはならない、アンチエイリアスがかかっている画像では境界が分かりづらい、など地味に手間がかかります。

そこで今回は、その手間を省力化できる簡単な方法を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

余白を無くし画像ピッタリのキャンバスサイズにする

  1. キャンバスが大きすぎて余白ができています。
    操作画面
  2. 画像が描かれているレイヤーサムネイルの上で「Ctrl + クリック」。
    操作画面
  3. 画像に沿った選択範囲ができます。
    操作画面
  4. メニューの「イメージ」→「切り抜き」と進みます。(キーボードで「Alt + I」→「P」でもOK)
    操作画面
  5. 画像ピッタリのサイズにキャンバスが切り抜かれました。選択範囲はもう不要です。解除しておきましょう。
    操作画面

キャンバスを拡大してみると、肉眼では判別しづらいアンチエイリアスの部分も、ピッタリのサイズで切り抜かれているのが分かります。
操作画面

ちなみに、手順「2」でレイヤーサムネイルから選択範囲を作成する時に、「Ctrl + Shift」で複数のサムネイルを順にクリックすれば、選択範囲の合成が可能です。

大量にレイヤーがある場合は「Ctrl + Shift + Alt + E」で背景以外を統合して、そのレイヤーサムネイルを使うと便利です。統合方法の詳細についてはこちらの記事をどうぞ。

小さすぎるキャンバスを画像ピッタリのサイズにする

  1. キャンバスが小さすぎて画像がはみ出しています。
    操作画面
  2. メニューの「イメージ」→「サイズ変更」→「すべての領域を表示」と進みます。(キーボードで「Alt + I」→「R」→「V」でもOK)Photoshop Elements 11 以降、この項目が無くなったようです。
    操作画面
  3. キャンバスが画像ピッタリのサイズに広がりました。
    操作画面

こちらも前項の切り抜きと同じく、1pxの無駄もなくギリギリのキャンバスサイズになります。

レイヤーが複数ある場合、最も大きいレイヤーに合わせてキャンバスサイズが変更されます。

画像全体を表示したいときは、当てずっぽうにキャンバスサイズを大きくするより、この機能を使ったほうが確実で簡単ですよ。

ちょっとした方法ですが覚えておいて損はありません。ぜひ使ってみてください。

【関連記事】

→ Photoshop Elements の使い方 目次

コメント

  1. おた より:

    わかりやすかったです。

タイトルとURLをコピーしました