スポンサーリンク

Gmail と Google アカウントを削除する方法【現行版】

この記事は約2分で読めます。

操作画面

こんにちは、さち です。

以前、「Gmail と Google アカウントを削除する方法」という記事を書きましたが
Google の サイトデザイン や アカウント管理 が当時と変わり
解説が少し分かりにくくなっていました。

そこで、現在の仕様に合わせて
Googleアカウントを削除する方法について書き直してみました。

スポンサーリンク

Googleアカウントを削除する方法

Googleアカウントを削除すると
そのアカウントで使用中のサービス(Gmail, YouTube など)も
すべて削除されます。
注意して下さい。

逆に言えば、Gmail のアカウントを削除したい場合は
Googleアカウントを削除すれば一緒に消えます。

以上のことを理解した上で下記操作を行って下さい。

  1. Googleの「アカウント設定」にアクセスします。
    (削除したいアカウントでログインして下さい)
  2. 「アカウントとデータを削除」をクリックします。
    (「データツール」内にあります)
    操作画面
  3. すべてのサービスにチェックを入れます。
    (サービスの項目数は人によって異なります)
    操作画面
  4. 「現在のパスワード」を入力。
    「アカウントを削除します。」にチェックを入れます。
    さらに、処理中の取引についての確認にチェックを入れ
    「GOOGLEアカウントを削除」ボタンをクリックします。
    操作画面
  5. アカウントが削除されました。
    操作画面

削除済みアカウントがログイン画面に残る場合

  1. ログイン画面に削除済みアカウントが残ることがあります。
    これは、削除後も Google がアカウント情報を記憶しているためです。
    操作画面
  2. 削除済みアカウントなのでログインはもちろんできません。
    残しておいても意味が無いのでこちらも削除しましょう。
    操作画面
  3. ログイン画面下部の「別のアカウントでログイン」をクリック。
    操作画面
  4. 「削除」をクリック。
    操作画面
  5. 削除済みアカウントの右端にある「×」印をクリック。
    操作画面
  6. これでアカウントの記憶も削除されました。
    (「完了」をクリックするとログイン画面に戻ります)
    操作画面

コメント

  1. うみの さち より:

    削除するアカウントのパスワードです。

  2. yoshi より:

    アカウントを間違って2つ作ってしまい解決方法が分からないので
    すべて初期化しようと思います。その場合、同じメールアドレスと名前で再登録できるのでしょうか。

  3. うみの さち より:

    誤削除などの問題を防ぐために
    削除後一定期間はそのデータを保管するようなので
    削除後しばらくは同じアドレスを再取得できない可能性があります。
    必要なアドレスの方のアカウントは削除しない方がいいと思います。

タイトルとURLをコピーしました