2020年のブログ最終更新は12/23(水)の予定です

iPhone を高速充電できるワイヤレス充電器を買ってみた

この記事は約6分で読めます。

iPhone を高速充電できるワイヤレス充電器を買ってみた

こんにちは、さち です。

最近、iPhone X の有線(Lightningケーブル)充電が、不安定になってきました。充電できる時とできない時があるのです。充電しているつもりができていない。そんな最悪な事態は避けたい……。

そこで、「ワイヤレス充電器」をメインに使うことにしました。

ワイヤレス充電器はすでに持っていますが、1台しかありません。いちいち持ち歩くのは面倒なので、ワイヤレス充電器を追加で買うことにしました。

スポンサーリンク

ワイヤレス充電器を買う

買うことにした経緯

以前、iPhone X が Lightning(USB)ケーブル で充電できなくなった話を書きました。その時は、「エレクトロニッククリーナー」を使って復活しました。

充電不能になったiPhone、スプレーで再び復活!
こんにちは、さち です。 先日、iPhone が有線(Lightningケーブル)で充電できなくなりました。 その結果、ワイヤレス充電だけで過ごすことになってしまったんですが、やっぱりワイヤレス充電しかできないのは色々と不便...

しかし、充電できなくなる症状が再発。同じように、エレクトロニッククリーナーを吹きかけましたが、今回は完全復活できませんでした。充電できる時とできない時があるのです(充電できる確率は70%くらい)。

また、ケーブルを接続した瞬間は大丈夫でも、しばらくすると充電が止まってしまうことも……。ケーブルでの充電が不安定なので、今後はワイヤレス充電をメインにすることにしました。

すでに、ワイヤレス充電器は1つ持っています。(当時購入した経緯も同じ理由)

iPhone:有線充電が不能なのでワイヤレス充電せざるを得ない件
こんにちは、さち です。 先日の記事で、iPhone が充電不能になってから直るまでの話を書きました。 しかし、復旧してから約1ヶ月半、再び充電ができなくなってしまいました(ただし、Lightning ⇔ イヤホンの接続は聴...

ただ、ワイヤレス充電をメインにするとなると、起きている時(リビング)用と、寝る時(寝室)用に2台欲しいところ。

ということで、ワイヤレス充電器をもう1台買い足すことにしました。将来、スマホを買い替えても引き続き使えるものですし、最近はワイヤレス充電器も安いですからね。

買ったもの

購入したものがこちら。Anker の「PowerWave 10 Stand」です。

ACアダプターは別売です。iPhone を高速充電(7.5W)するには、 Quick Charge 2.0 以上に対応した ACアダプター が必要です。私はすでに持っているので購入していません。

選んだ理由

iPhone の高速充電に対応

iPhone の高速充電は「7.5Wですが、これは Apple の独自規格です。

つまり、10W 以上の高速充電ができるワイヤレス充電器を買っても、iPhone の高速充電に対応しているとは限りません。ちゃんと、iPhone 独自の 7.5W への対応をうたっているワイヤレス充電器でないとダメです。Apple の独自規格地獄はホント面倒くさい。

Anker の「PowerWave 10 Stand」は、ちゃんと iPhone の 7.5W 高速充電に対応しています。

スタンドタイプ

以前買ったワイヤレス充電器はパッドタイプです。平たい形で、その上に iPhone を寝かせて置いて充電します。

パッドタイプの場合、充電中に iPhone を操作するには上からのぞき込む必要があるんですが、この態勢が意外と疲れるんです。

そこで、パッドタイプの方は寝室用にして、新しくスタンドタイプを買うことにしました。

有名メーカー製でも手頃な価格

Anker と言えば、品質がしっかりしつつも価格がお手頃なメーカーとして有名。iPhone の周辺機器もいろいろ出しています。保証期間も2年間なので安心です。

ちなみに、2年保証は正規販売店で購入した場合限定ですが、Amazon の「AnkerDirect」から買えば大丈夫です。

私が購入した時は、Amazon でクーポンが発行されていて、それを使って約2,000円でした。最近は、ワイヤレス充電器も安いですね。

レビュー(使ってみた感想)

開封

  1. 届いたものがこちら。
    iPhone を高速充電できるワイヤレス充電器を買ってみた
  2. 中身を取り出しました。「充電器本体」「Micro USBケーブル」「保証案内」「取扱説明書」「カスタマーサポート案内」です。ACアダプターは付属していません。私はすでに持っているので問題ありませんが、ない場合は Quick Charge 2.0 以上に対応したものを買いましょう。
    iPhone を高速充電できるワイヤレス充電器を買ってみた
  3. USBケーブル の接続は、本体の裏側にあります。
    iPhone を高速充電できるワイヤレス充電器を買ってみた

実際に充電してみる

  1. 実際に iPhone を充電してみました。写真だと少し見にくいですが、充電中は下にある丸い LED が青く光ります(肉眼ではもっと明るい)。
    iPhone を高速充電できるワイヤレス充電器を買ってみた
  2. iPhone を横向きにしても、ちゃんと充電できます。
    iPhone を高速充電できるワイヤレス充電器を買ってみた
  3. (別の日に)USBテスター で計測してみました。約 9.2V / 1.3A の 12W でした。7.5W での高速充電ができているようです。
    iPhone を高速充電できるワイヤレス充電器を買ってみた

充電時間を調べてみる

100%まで充電するのにどれくらい時間がかかるのか調べてみます。

  1. 「33%」からスタートです。
    iPhone を高速充電できるワイヤレス充電器を買ってみた
  2. 30分経過。「52%(+19)」になりました。
    iPhone を高速充電できるワイヤレス充電器を買ってみた
  3. 長いのでダイジェストです。1時間経過で「67%(+15)」。1時間30分経過で「80%(+13)」。2時間経過で「90%(+10)」。2時間30分経過で「98%(+8)」でした。(80%以降は、バッテリー保護のため充電速度を落とすトリクル充電になる)
    iPhone を高速充電できるワイヤレス充電器を買ってみた
  4. 2時間46分で「100%」になりました。
    iPhone を高速充電できるワイヤレス充電器を買ってみた

やっぱり、高速充電とはいえ、有線(Lightningケーブル)での充電より遅いですね。

ただ、ケーブルをつなぐ必要がなく、置くだけで充電できるのは手軽で便利です。PC デスクなどにワイヤレス充電器を置いておくと、こまめに充電できますね。

まとめ

ワイヤレス充電器は、ケーブルを接続する煩わしさから解放してくれます。しかし、有線(Lightningケーブル)に比べて充電速度が遅いので、その点が欠点です。

実際に使ってみて感じるのは、ワイヤレス充電器はまだまだ補助的な充電手段だということ。

PC 作業中など iPhone を使っていない時にワイヤレス充電器の上に置いておけば、ついでに充電もできる。そういう補助的なポジションだと感じます。

ワイヤレス充電器は、iPhone を放置する時間が長い場所(私の場合 PCデスク)に設置することをおすすめします。

iPhone を 7.5W で高速充電するには、Quick Charge 2.0 以上に対応した ACアダプター が必要です。持っていない場合は、一緒に購入しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました