iPhone: 「Gmail」をLINEのようなチャット形式で表示したい

この記事は約5分で読めます。

Spikeの受信画面

こんにちは、さち です。

普段、スマホは iPhone を使っているんですが、「格安SIM(MVNO)」なので携帯電話のキャリアメールは持っていません。

連絡はほとんど「LINE」で済むので、キャリアメールがなくてもあまり困らないですが、どうしても Eメール が必要なときは Gmail を使っています。(Gmail ならキャリアを乗り換えてもそのまま使えるし)

Gmail の受信は「メッセージ」アプリではなく「メール」アプリで行います。ただ、iPhone 標準の「メール」アプリは受信ボックス形式。「LINE」や「メッセージ」のようなチャット形式(フキダシ)ではないので、少し見づらい……。

ということで、Gmail をチャット形式で表示できる iPhoneアプリ を探してみます。

スポンサーリンク

機能を調べてみた

iPhone で Gmail を受信するアプリには、もともと「Spark」を使っていました。

ただ、LINE のようなチャット形式で表示できるアプリに乗り換えたくて、「MailTime」「Swingmail」「Unibox」「Spike」4つのアプリを試してみました。

それぞれのアプリの機能を調べてみたところ、こんな感じでした。

iPhone のメールアプリ 比較表

表示形式

今回、一番重要なのはこれ。「LINE」や「メッセージ」アプリのような「チャット」形式で表示できるかどうかです。

できるのは、「MailTime」「Swingmail」「Spike」の3つでした。

プッシュ受信

「プッシュ受信」に対応していると、メールが送られてきた時にすぐ通知が来ます。

「Unibox」は全然通知してくれなかったので、設定が悪かった可能性もあります。

連絡先連携

iPhone の「連絡先」アプリと連携することで、届いたメールの送信元を「連絡先」に登録している名前で表示できます。

「MailTime」だけできませんでした。

署名変更

Eメールには自分が指定した「署名(名前)」を送信先の相手に表示する機能があります。一部のメールアプリは、この「署名」にアプリ名を自動で追加して広告に使うものがあります。

「署名」を変更すれば大丈夫ですが、「Unibox」だけ変更するには課金が必要でした。

日本語UI

アプリのメニューなどが日本語化されているかです。英語でも慣れれば大丈夫ですが、やっぱり日本語のほうが使いやすいですよね。

「Unibox」だけ英語表示でした。

デフォルトApp

iPhone の標準アプリ「メール」の代わりに、デフォルトのメールアプリとして使用できます。「連絡先」や「ウェブサイト」などで Eメールアドレス を選んだ時に、自動的にそのアプリが起動するようになります。地味に便利です。

「Spark」「Spike」が対応しています。

各アプリの受信画面

それぞれのアプリでメールを受信した時にどんな表示なのか確認してみます。

Spark

Sparkの受信画面

もともと使っていた「Spark」の受信画面です。

一応、「返信」したメールに関しては時系列のツリーとして並びますが、チャット形式ではないので見やすさはいまいちです。

また、同じメール相手でも「返信」でなく「新規」のメールになると、別の新しいツリーになってしまうのも使いづらい点です。

この仕様でも問題ない場合は、こちらからアプリのダウンロードをどうぞ。

Download on the App Store

MailTime

MailTimeの受信画面

「MailTime」の受信画面です。チャット形式で表示されるので見やすいです。

ただ、同じメール相手でも「返信」でなく「新規」のメールだと、別の新しいチャットになってしまうのが難点です。

また、iPhone の「連絡先」と連携ができないで、メール相手の名前の表示が、相手が「署名」したものになるのも残念ポイントです。

この仕様でも問題ない場合は、こちらからアプリのダウンロードをどうぞ。

Download on the App Store

Swingmail

Swingmailの受信画面

「Swingmail」の受信画面はこんな感じ。チャット形式で表示されるので見やすいです。

ただ、画像付きのメールでもフキダシをタップしないと分かりません。さらに、実際に画像を見るには2回も画面を移動する必要があり、非常に面倒くさいです。

また、チャット画面を開く度に「メッセージデータが更新されました」と表示されて、会話の一部が隠れてしまいます。これも地味に使いづらいポイントです。

この仕様でも問題ない場合は、こちらからアプリのダウンロードをどうぞ。

Download on the App Store

Unibox

Uniboxの受信画面

「Unibox」の受信画面はこんな感じ。

メールは時系列のツリーとして並びますが、見やすさはいまいちです。上に行くほどメールが新しいというのも慣れません。

そもそも、メールが届いてもすぐに通知が鳴らないのはツライです。Unibox の設定を変えたら解決できるのかもしれませんが、UI が英語なので頑張る気が起きませんでした。

また、無料では「署名」が変えられず、送信したメールに「Sent with Unibox」が強制挿入されるのも頂けないポイントです。

Sent with Unibox の署名が付いてしまう

この仕様でも問題ない場合は、こちらからアプリのダウンロードをどうぞ。

Download on the App Store

Spike

Spikeの受信画面

「Spike」の受信画面はこんな感じ。チャット形式で表示されるので見やすいです。

ただし、すべてのメールがチャット形式で表示されるわけではありません。HTML形式のメールなどは PC のような通常の形式で表示されます。

初期設定だと、「署名」に「名前 - Chat @ Spike」が自動挿入されますが、「署名」の設定を「プロフィールを使用しない」にすると削除できます。

良い感じの「Spike」ですが、気になる点が一つだけあります。

メールの「開封(既読)確認」をするために、「トラッキングピクセル(小さな透明の画像)」が追加されるのです。必要ないのでこの機能を止めたいのですが、それらしい設定項目がありません……。

この仕様でも問題ない場合は、こちらからアプリのダウンロードをどうぞ。

Download on the App Store

まとめ

一応、希望に一番合っている「Spike」を使うことにしました。

でも、強制的な「開封確認」など納得いっていない部分もあるので、このまま使い続けるかはまだ分かりません。

もし、Gmail をチャット形式で表示できる iPhoneアプリ をご存知でしたら、ぜひ教えて下さい。よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました