Windows: ファイルを開く/保存時に「オートコンプリート」が機能しない

この記事は約2分で読めます。

ファイル名のオートコンプリート

こんにちは、さち です。

今回は、Windows でファイルを開く/保存する時に、「オートコンプリート(サジェスト)」が動かない(機能しない)場合の対処法について書いていきます。

スポンサーリンク

実際の症状

  1. 例えば、アプリでファイルを「開く」とき……
    メモ帳の「開く」
  2. 「ファイル名」を一部入力すると、表示中のフォルダー内で該当するファイルが自動的に下に表示されます。これが「オートコンプリート」です。
    ファイル名のオートコンプリート
  3. しかし、別の PC では「オートコンプリート」が機能しないことがあります。どうして……?
    ファイル名を一部入力

解決方法

多くの場合、バグではなく Windows の設定が原因です。確認してみましょう。

  1. タスクバーにある「検索」に「インターネットオプション」と入力。
    インターネットオプションを検索
  2. 上部に表示された「インターネット オプション」をクリックします。
    インターネットオプションをクリック
  3. インターネットのプロパティが開いたら、「コンテンツ」タブをクリック。
    インターネットのプロパティ
  4. オートコンプリートの「設定」ボタンをクリック。
    オートコンプリートの設定ボタン
  5. 「アドレス バー」にチェックを入れます。(子項目のチェックは自由に設定してOK)
    オートコンプリートの設定
  6. これで、ファイルを開く/保存する時に「オートコンプリート」が機能するようになります。
    ファイル名のオートコンプリート

「インターネットのプロパティ」とあるので、「エクスプローラー」と関係ないように見えるのが落とし穴ですね……。

関連記事

「ファイル名を指定して実行」で履歴のオートコンプリートが機能しない時は、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

Windows:「ファイル名を指定して実行」で履歴が出なくなった

コメント

タイトルとURLをコピーしました