スポンサーリンク

「ツイッター:プロモーション(広告)を非表示にする」を新デザインに一部対応

この記事は約2分で読めます。

ツイッターのロゴ

こんにちは、さち です。

ツイッター用のユーザースタイルとして配布している「ツイッター:プロモーション(広告)を非表示にする」を、2019年7月からの新デザインのタイムラインでも機能するように変更しました。

スポンサーリンク

アップデートの詳細

TLのプロモーションを非表示に

「ツイッター:プロモーション(広告)を非表示にする」をアップデートすることで、新デザインのツイッターでも、TL(タイムライン)のプロモーションを非表示にできます。

旧デザインではトレンドのプロモーションも非表示にできましたが、新デザインではできません。ツイッターのサイト構造の問題によるものなので、今後対応する予定もありません。ご理解下さい。

アップデートの手順

Stylusでユーザースタイルをアップデートする

拡張機能「Stylus」を使っているを使っている場合は、管理画面を表示して、「ツイッター:プロモーション(広告)を非表示にする」の「更新をチェック」アイコンからアップデートできます。

よく分からない場合は、下記の記事からインストールと同じ手順をすることで、アップデートを行えます。

ツイッター:プロモーション(広告)を非表示にする
こんにちは、さち です。 以前の記事で Firefox, Chrome の拡張機能「Stylish」を使って PC ウェブ版ツイッターの プロモーション(広告)を非表示にする方法を紹介しました。 ただ、導入手順が少...

ちなみに、アップデート後の最新バージョンにも旧デザイン向けのユーザースタイルは残してあります。次項の方法で旧デザインのツイッターに切り替えても、引き続き「ツイッター:プロモーション(広告)を非表示にする」を利用できます。

ツイッターを旧デザインで使う(推奨)

強制的にツイッターを旧デザインにする方法もあります。旧デザイン向けのユーザースタイルを引き続き利用できるので、ぶっちゃけこちらの方法のほうが、圧倒的に便利です。

ツイッターの UI を強制的に旧デザインに戻す
こんにちは、さち です。 ここ最近、ツイッターの UI が新デザインに変わってしまったユーザーが続々と増えているようです。 私は先行テストの犠牲になったので、すでに3ヶ月前から新デザインになっているんですが、未だにどうも慣れ...

ツイッター用のユーザースタイルを作ってきた側の人間としては、『新デザインはサイト構造が非常に複雑で、ユーザースタイルを作るのが困難』というのが正直な感想です。

そのため、今回の新デザイン対応でも、プロモーションの非表示はトレンドの方は対応できませんでしたし、ツイートの方も少しでも構造が変わったら使えなくなります。

今後、新デザイン用のユーザースタイルをアップデートを続けるのは困難(対応できなくなる可能性が高い)と予想されるので、ユーザースタイルによる利便性を求める場合は、ぜひ旧デザインのツイッターを使って下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました