スポンサーリンク

After Effects 並みの機能で0円!

この記事は約2分で読めます。

NiVE(NicoVisualEffects)(作者:mes様) - フリーソフト(Win)
NiVE 操作画面
※ クリックで拡大

こんにちは、さち です!

今回は Adobe After Effects のようなフリーのモーショングラフィクスソフト
「NiVE(NicoVisualEffects)」を紹介します。

では、詳細について見ていきましょう。

スポンサーリンク

After Effects 購入前の入門ソフト

制作者様いわく
「After Effects の置き換えを目指して開発しているものではない」
とのこと。

しかし、NiVE も基本的な機能は備えているため
モーショングラフィクス入門者には十分すぎるソフトです。

After Effects は高価で購入に踏み切れないという人は
まずは NiVE を使ってみるのも一つの選択肢です。

画像を3次元で動かせる

NiVE で OpenGL での編集を行えば
画像や動画を3次元に動かすことが出来ます。

例えば、下の画像は
4枚の画像を囲むように並べて回転させている状態です。
NiVE 操作画面
※ クリックで拡大

このような動画編集ソフトだけでは難しい演出も
NiVE を使うことで少ない手間でできます。

エフェクトも充実

クロマキー,ルミナンスキー,ブラー,マスク,変形 など
50種類以上のエフェクトが標準で入っています。

こちらの動画(ニコニコ動画)でエフェクトの一例を見られます。

プラグインで高機能化!

NiVE 用のプラグインはフリーで配布されていて
導入することで様々な機能を追加できます。

プラグインのおかげで
より After Effects に近づける感じがします。

NiVE はフリーソフトとは思えないほど高機能です。
NiVE の使い方,プラグイン については
後日、改めて記事にまとめたいと思っています。
気に入った人はぜひ使ってみて下さいね!

   → NiVE をダウンロードするNiVE Wiki 様)

【関連記事】

   → NiVE の使い方を学ぼう!
   → NiVE用プラグインを探す

コメント

タイトルとURLをコピーしました