スポンサーリンク

ソフトバンクが月月割を改悪?

この記事は約2分で読めます。

ソフトバンクが月月割を改悪?

月月割

こんにちは、さち です!

最近セミの鳴き声もめっきり減ってしまいました。
もうすぐ夏休みも終わりなのですね。

さて、今回は8/19より適用された
ソフトバンクの月月割が改悪されたと言う情報を紹介しようと思います。
ケータイの買い替えを考えている人は要注意です!

それでは、今回の月月割の変更について詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

通話料金プランが割引対象外に

まずは月月割(旧名:スーパーボーナス)の仕組みを理解している必要があります。
月月割の仕組みの詳細はこちらの記事を見てみて下さい。

今まで、月々の支払額すべてが割引対象となっていたのですが
09/08/19の変更により通話料金プランが割引対象から外されました

実際にはどう変わるの?

実際に、月々の割賦支払額2,000円,月月割2,000円の機種を購入し
ホワイトプラン,S!ベーシックパック,パケットし放題 を申し込んでいる場合の
改変前と改変後の様子を見てみましょう。

月月割の改変の様子

ホワイトプランが出てくる位置が変わっているのが分かります。
これにより月々の支払額は656円増えてしまっています。

656円くらいならまぁいいか…と思ったら大間違いっ!!
実際にはこのような状況は24ヶ月続きますので

656円×24ヶ月=15,744円 の増額

支払総額がかなり増えていることが分かります。
何も考えずにケータイの買い替えをすると大きく損しているかもしれません。

なるべく損をしないようにする!

上の例では月月割の割引上限額は2,000円です。
それにも関わらず改変後の状態では1,344円しか使っていません。

2,000円以内であれば最終的な月々の支払い金額に全く変化はありません。
残りの656円を、オプション付加,通話料,パケット代金などで使いきってしましょう!

09/08/18以前に月月割を申し込んだ人は
上記のような変更はなく通話料金プランも含まれた状態で計算されます。

ソフトバンクはこの改変の変わり新規顧客のために
「のりかえ割」というサービス[PDF] を新規に開始するようです。

こちらは他社からソフトバンクに乗り換えた人に限り
ホワイトプランの月々の料金を5ヶ月無料にするというサービスです。
乗り換えを考えている人はぜひ利用しましょう。

   → ソフトバンク月月割内容紹介ページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました