スポンサーリンク

JIS第二水準の漢字も打てるファミコン風フリーフォント

この記事は約2分で読めます。

イメージ

こんにちは、さち です。

今回は、JIS第二水準の漢字も打てる
ファミコン風フリーフォント「PixelMplus」を紹介します。

スポンサーリンク

ファミコンのような少ないドット数

サンプル

PixelMplus は、ファミコンで使われているような
少ないドット数で文字を表示するのが特徴。

文字を構成するドット数が違う2種類があります。
名前から分かるとおり
「PixelMplus10」が縦横10ドット
「PixelMplus12」が縦横12ドットです。

画数の多い漢字を打ちたい場合は
やはり「PixelMplus12」の方が読みやすいですね。
サンプル

「PixelMplus」は太字(Bold)バージョンもあり
こちらも 10ドット,12ドット の2種類があります。

「PixelMplus」を使う時は
アンチエイリアスをオフにしておきましょう。

JIS第二水準までの漢字を収録

サンプル

ひらがな,カタカナ,英数字はもちろん
漢字はJIS第二水準まで収録されているので
通常の使用であれば打てない文字はまずありません。

美咲フォントも併用するのがおすすめ

操作画面

以前の記事で紹介した「美咲フォント」は
縦横8ドットで文字が構成されたファミコン風フォントです。

「PixelMplus」と併用すれば
8ドット,10ドット,12ドット と3種類が使えるので
目的に合わせて適切なフォントを選びやすくなりますよ。

「PixelMplus」は M+ FONT LICENSE で
改変の有無に関わらず商業利用も可能です(ただし無保証)。
ライセンスはダウンロード時に再度確認して下さい。

「PixelMplus」のダウンロードはこちらからどうぞ。

   → PixelMplus(ピクセル・エムプラス) - itouhiroはてなブログ
   (ページの中央あたり「ダウンロード」から)

トップ画像にはユウラボ様のドット絵素材を使わせて頂きました。
ありがとうございました。

【関連記事】

   → ファミコン風フォントを使ってみよう!(1)
   → ファミコン風フォントを使ってみよう!(2) (美咲フォントはこちら)
   → フォント紹介(フリーフォント含)記事まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました