Affinity: 背景が透明のPNG(透過付き)を保存する方法

この記事は約3分で読めます。

Affinity: 背景が透明のPNG(透過付き)を保存する方法

こんにちは、さち です。

Photoshop の代替として優秀な Affinity Photo。低価格なのに多機能で、コスパに優れた画像編集アプリです。

今回は、この Affinity Photo で、背景が透明なPNG画像(以下: 透過付きPNG)を保存する方法について書いていきます。

この記事の内容は、「Designer」「Publisher」でも使用できます

スポンサーリンク

操作手順

透過付きPNG を作るには、「キャンバス」と「保存(エクスポート)」の2ヶ所で必要な操作があります。

キャンバスで必要な操作

  1. 作成したキャンバスです。背景は白色になっています。
    Affinity: 背景が透明のPNG(透過付き)を保存する方法
  2. まずは、キャンバスの背景を「透明」にします。手順は下記リンク先の記事を参照して下さい。
  3. 背景がチェッカー模様になりました。「透明」になった証拠です。
    Affinity: 背景が透明のPNG(透過付き)を保存する方法

保存するときに必要な操作

  1. 背景が透明なキャンバスにイラストを描きました。
    Affinity: 背景が透明のPNG(透過付き)を保存する方法
  2. 画面上部にあるメニューの「ファイル」→「エクスポート」と進みます(Ctrl + Shift + Alt + S キーでもOK)。「エクスポートの設定」が開いたら、「PNG」をクリック。
    Affinity: 背景が透明のPNG(透過付き)を保存する方法
  3. ウィンドウ右下にある「その他」ボタンをクリック。
    Affinity: 背景が透明のPNG(透過付き)を保存する方法
  4. 「マット」をクリックして、「透明(白地に赤い斜線)」に変更。ウィンドウ下部にある「閉じる」をクリックします。
    Affinity: 背景が透明のPNG(透過付き)を保存する方法
  5. 「エクスポートの設定」に戻ってきたら、右下にある「エクスポート」ボタンをクリック。
    Affinity: 背景が透明のPNG(透過付き)を保存する方法
  6. 「ファイル名」を入力して、「保存」します。
    Affinity: 背景が透明のPNG(透過付き)を保存する方法
  7. 保存した PNGファイル をエクスプローラーで見ると、サムネイルがチェッカー模様になっています。透過付きPNG である証拠ですね。
    Affinity: 背景が透明のPNG(透過付き)を保存する方法
  8. ちなみに、透過付きPNG は、「プロパティ(Alt + Enter キー)」の「詳細」タブにある「ビットの深さ」が「32」になっていることでも確認できます。(不透明の PNG は「24」になっている)
    Affinity: 背景が透明のPNG(透過付き)を保存する方法

ごあいさつ

2020年のブログ更新は、この投稿(12/23)が最後になります。ブログを読んで下さり、ありがとうございました。

今年は1年間で149本の記事を書きました。毎月10回以上ブログを更新する目標も引き続き達成できました。また、今年は特別な理由があった6月を除き、ずっと週3回の投稿を続けてこられたのは、目標以上の成果でした。

Affinity に関する記事は、この記事を含めて94本になりました。いつの間にか、毎週水曜日は Affinity の記事を書く習慣になっていますが、ネタがあるうちは今後も続けていこうと思います。

毎年1月になると『12月まで投稿続けられるのかな……』と心配になるんですが、1つ1つ投稿を積み重ねて何だかんだ続けられています。来年も、ゆる~~~く頑張っていきます。

2021年のブログ更新開始は、1/6(水)の予定です。よろしければ、来年もお付き合いください。

それでは、また来年。良いお年を!

Affinity に関する他の記事

Affinity
「Affinity」の記事一覧です。

コメント

  1. とっち より:

     今年も一年間有難うございました。
    必要な時しかコメントしなかったステルス読者ですが、毎度投稿楽しみにしております。

     来年もよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました